MENU

口元のたるみが出来る原因を探り、ケアに役立てましょう

口元のたるみ 画像

口元のたるみは口の周りに八の字に出来るシワのことを指します。

 

実はこの口元のたるみがあるのとないのとでは、
見た目年齢が5歳〜10歳も違ってくると言われています。

 

30代半ばあたりから急に老けて見えるようになったと
お悩みの方も増えているそうですが、
そもそも口元のたるみはなぜ出来てしまうのでしょうか。

 

一度出来てしまった口元のたるみはケアをしなければ
どんどん悪化していってしまいます。

 

メイクで隠すという方法にも限界がありますし、
ファンデーションなどが厚塗りになってしまっては
せっかくのメイクが台無しになってしまうことも考えられます。

 

 

まずは原因を探り、薄く目立たなくするためのお手入れをして
いつまでも若々しい印象のお肌を手に入れましょう。

 

 

たるみが原因

 

年齢を重ねるにつれて減少していく成分の中で
コラーゲンとエラスチンという成分が挙げられます。

 

この2つの成分はお肌にハリと弾力を与える効果があります。

 

これらの成分が失われてしまうと皮膚がたるみ、
シワの原因となってしまうのです。

 

特に口元のたるみが出来る頬は、脂肪が厚い部位なので
垂れ下がりやすいと言われています。

 

コラーゲンとエラスチンは年齢が原因で減少していくだけでなく、
紫外線を浴びても破壊されてしまいます。

 

日頃から紫外線対策をとることも大切なんですね。

 

 

乾燥が原因

 

口元のたるみがくっきりしている人は、
お肌が乾燥しがちだという方も多いそうです。

 

乾燥している=ハリと弾力が低下している
という状態ですので、この状態で紫外線を浴びるとより深く
シワが刻まれてしまうのです。

 

口元のたるみ解消ためにも、紫外線対策をとるためにも
お肌にはハリと潤いが必要だということなんですね。

 

弾力とハリのあるお肌は見た目もとても若々しく見えます。
乾燥には十分注意してしっかりケアをしていきましょう。

 

 

筋肉の衰えが原因

 

頬がたるむということにも繋がりますが、
頬の筋肉が衰えてしまうと皮膚がどんどん垂れ下がり、
口元のたるみの原因の一つとなってしまいます。

 

脂肪が熱い部分ですので、
ストレッチなどを行い、筋肉の衰えを防ぐのも一つの方法ですよ。

 

 

めぐりの滞りが原因

 

一見、関係ないと思われがちですが、
実は肩こりと口元のたるみも密接な繋がりがあるそうです。

 

肩が凝るということは、血液とリンパ液の巡りが悪いという状態で、
顔や頭のめぐりも悪くなってしまうと言われています。

 

すると、顔がむくむ原因となり、
出来てしまった口元のたるみが目立つようになってしまうのです。

 

 

その他

 

30代半ばから口元のたるみが目立つようになる場合が多いのですが、
10代や20代でも口元のたるみが出来てしまうこともあります。

 

多くは生まれつきの顔の骨格や歯並び、表情の癖などが
考えられています。

 

しかし、過度なダイエットのせいでお肌がたるむこともあります。
そして脂肪吸引などを行っても口元のたるみやシワが深くなる
原因となり得るそうです。

 

もしダイエットを考えているのなら、
適度な運動とバランスの取れた食事制限を行い
健康的に体重を減らしましょう。

関連ページ

口元のたるみはなぜできる?原因は?
口元のたるみはなぜできる?原因は?口元のたるみはなぜできるのか、その原因についての記事です。
口元のたるみの名前のご紹介
口元のたるみの名前は? 口元のたるみの名前のご紹介です。